ゾーンのブリード

あなたのファイルを設定するとき心に留めておくべき3つの重要な分野があります。

トリムエリア:これは、トリムページサイズの大きさです。 それはあなたの仕上げの本が、高さとページの長さにトリミングされるサイズです。
ブリード:これは、トリムラインを越えて延びている領域です。 あなたは、背景、画像やページをブリードオフにしたいすべての設計要素を持っている場合は、トリムマークを超えた1/8 "(3ミリメートル)で、これを拡張する必要があります。
安全エリア:テキストボックスとトリムエリアからの最小1/8” (3ミリメートル)である安全なエリア、中に含まれる見出しを保管してください。

プリンタは、したがって、ページのすべての4辺に出血を設定することが重要である、シートに課せられたページを設定します。

 

カラーマネージメント

最良の結果を得るためのプロファイルは、Photoshopではなく、InDesignの中の画像に適用する必要があります
Photoshopでイメージファイルを作成する場合は、編集/プロファイルに変換を選択し、ドロップダウンメニューから次のいずれかを選択します。
•GRACoLの場合を、アドビシステムズ社のプロフィール:コーティングされたGRACoL 2006(ISO 12647-2:2004)
•FOGRAコーティングされた、アドビシステムズ社のプロファイルの場合:コーティングされたFOGRA39(ISO 12647-2:2004)
: コーティングされていないFOGRA47(ISO 12647-2:2004•FOGRAコーティングされていない、アドビシステムズ社のプロフィール)

 

ファイルの準備

できるだけ正確にあなたのファイルを準備するために、このセクションのガイドラインを確認してください。 これは、プリフライト時のエラーを回避するのに役立ちます。 あなたは、ファイルが正しく設定されていることを確認していない場合は、あなたの営業幹部は、アドバイスをご連絡ください。

 

許容可能なファイル

アプリケーションファイル受理:
•アドビInDesignの
•Adobe Illustratorの(。インテリアレイアウトには適していませんがなどのロゴ、ジャケット、のような、アート、単一ページの文書を行目に制限してください)
•上記のアプリケーションファイルから作成された準備ができたPDFを印刷します

 

フォントのガイド線

私たちは、あなたがPostScript、OpenTypeフォントやTrueTypeフォントを使用することをお勧めします。 一部のフォントは、このようなDVDに焼いたり、FTP経由でアップロードすると、送信中に破損します。 私たちはそれらを送信する前に、フォントを圧縮することをお勧めします。

対応するプリンタフォントを持たないフォントを作成しないでください。 たとえば、あなたのレイアウトプログラムであなたは「ヘルベチカ」を選択し、対応する「ヘルベチカ太字」プリンタフォントがあるので、「太字」のスタイルをクリックします。 あなたは「フューチュラヘビー」を選択し、それを「太字」スタイルを適用した場合には対応するプリンタフォントが存在しないので、しかし、あなたはそのフォントの大胆なバージョンを取得することはできません。

私たちはあなたではなく、ベースフォントを選択し、スタイルを適用することよりも、フォントメニューに直接たいフォントを選択することをお勧めします。 後者の技術の多くの重みを含む大きなフォントで、あなたの結果は予測できないことができます。

あなたのフォントの色を設定するときは、心の中でこれらのガイドラインを保管してください:
8 ptのを。 ソリッドカラーの100%で。
12ポイント。 色の60%〜80%で
16 PT。 CMYKの色で。 ドットがスクリーンとして印刷されるので、小さいCMYKフォントがギザギザで印刷し、ファジー(またはレジスタOFF)が表示されます。

 

トラッピング

トラッピングは、画像またはグラフィックの周囲の任意の白色ハロまたはギャップを避けるために、0.25ptによってグラフィックや画像を拡張します。 いくつかの例外はあるものの、一般的にプロセスカラーは、トラップされている必要はありません。 InDesignでは、プリセットのトラップ設定があり、一般的にあなたがトラップを心配する必要はありません。

あなたは単色の背景から画像やデザイン要素をノックアウトされたときにトラップを認識する必要があります。 白ハロ、または何が正しいトラッピングを適用することによって、または重ね刷りによって、位置ずれのように見えるを避けるためには二つの方法があります。 オーバープリントは、テキストや細いグラフィックスや線のためにお勧めしますが、そのオーバープリントは、基本となる色にオブジェクトの割り当てられた色を追加すると、オブジェクトの色に影響を与える可能性が覚えています。

例:
あなたが緑のテキストがある場合(C:95、M:0、Y:80、K:0)青色の上に座って(C:95、M 20、Y:10、K:0)背景、あなたがありませんなぜなら固体シアンの背景とテキストが16 ptの場合にトラップする必要があります。 以下、あなたはオーバープリントにテキストを設定する必要があります。

 

イメージ設定します

こんにちは解像度の画像ファイルは常にTIFF、PSD、AIやEPSファイルとして提出する必要があります。 品質の再現の中で最も重要な要因は、最終的なファイルサイズです。 すべての画像ファイルは300 DPI(インチあたりのドット数)と線画が最終的なサイズで1200 DPIでなければなりませんでなければなりません。
150 DPIでスキャン大きな画像は300dpiで走査される半分のサイズの画像と機能的に同等です。 どちらも、ほぼ同じサイズであるファイルになります。

あなたのイメージファイルを準備するとき、あなたは情報の適切な量をキャプチャする必要があります。 あなたのファイルが小さすぎると、彼らはぼやけたりピクセル化表示されます。 彼らはあまりにも大きい場合、彼らはあまりにもハードイメージセッターの仕事をしたり、ポストスクリプトエラーを生成することができます。

300 DPI(またはラインアート、1200 DPI)よりも小さい画像はプリフライト処理中にエラーが発生します。 全ての高解像度画像がCMYKのように設定する必要はなく、より多くの15 +%以下又は再生サイズの-15%。 ウェブサイトからダウンロードされたアートワークは、通常、印刷再現のためにあまりにも低解像度です。 0.5ポイントよりも薄いアートワーク内の行を使用しないでください。

すべての画像はCMYK、RGBないフォーマットとして提出されなければなりません。 すべての色が修整されなければならないと前の画像にPhotoshopで色補正は、InDesignのにインポートされています。

 

ビットマップイメージ

ラスターまたはビットマップイメージは、グラフィックを表現するために、画素として知られているパターン、格子状に小さな正方形の形で含まれています。 ビットマップ画像の各ピクセルは、それに割り当てられた特定の位置と色の値を有します。 最も一般的なファイルの種類TIFF、EPSやPhotoshopのPSDファイルです。

印刷再現のための写真ファイルを準備するときは、ほとんどの場合、TIFF画像やPSDファイルを生成する必要があります。 TIFFファイルは、彼らがInDesignのか、クォークで使用できることを意味しており、より一般的であり、かつオープンなフォーマットです。 PSDファイルはAdobe Photoshopのプログラムでのみ使用することができます。

他の一般的な画像ファイルはJPEGです。 主に写真に使用し、JPEGは、Web上で使用される2つの一般的なファイル形式のいずれかです。 それはとても情報が圧縮時に失われた圧縮フォーマットです。 あなたは、印刷に使用したいJPEGファイルを持っている場合は、Photoshopでそれを開いて、選択します。イメージ - >モード - > CMYKの色(またはグレースケール)。

小さなものに大きな画像からリサンプリングしても大丈夫です。 Photoshopは、単に余分なピクセルをスローし、画像は小さく、それが前にあったようにすべてのビットのようにシャープに表示されます。

より大きなものに小さな画像からアップサンプリングすることをお勧め決してありません。 このような状況では、Photoshopは画像にピクセルを追加します。 プログラムは、隣接する画素の色に基づいて、これらの新しいピクセルに色を割り当てます。 これは、右に示すように、オリジナルよりもぼやけている画像をもたらすことができます。

印刷生産のためのGIF画像ファイルを送信しないでください。

 

白黒画像

プロジェクトによっては、1色、黒と白、duotones、または4色のCMYK画像としてあなたのイメージを設定することができます。

1つのカラー白黒画像は、一般的にプロセスブラックを使用して設定されています。 ハイライトとシャドウはグレースケールに設定されています。

2色白黒画像は黒とPMS色プロセスを使用して設定されています。 PMSの色が影にgrayscalefromハイライトで詳細を作成するために、セピア色やPMSのグレーを適用するために使用することができます。

4色の黒と白は、CMYKを使用して作成され、影にハイライトから最も詳細を提供しています。 4色の黒と白の画像は非常に微妙なバランスを必要とします。 あなたのファイルを設定するとき、あなたはあなたのイメージで投げた色がないことを確認する必要があります。 画像はInDesignのにインポートされる前に、Photoshopでキャストを除去する必要があります。

 

ベクトルイラスト

出力EPSまたはAI(イラスト)など、すべてのベクトルイラストファイル。 レイアウトソフトウェアで同じ色の名前にこれらのファイルの色名と一致するようにしてください。

Adobe Illustratorの一部のバージョンでは、Adobe Illustratorのデフォルトの出力解像度を上げるか、下げることができます。 この設定を調整しないでください。 解像度を下げると不完全に形成された通路をもたらすであろう。 それを上げると、プリフライト中に不要なエラーを与えるかもしれません。

ビットマップ画像のようなラインアートファイルを保存します。 あなたがそれらをグレースケール保存した場合、エッジはそれらがぼやけたりギザギザハーフトーンスクリーンで出力することがあります。

 

ブラックインクの固形分を使用して

ベタ黒の大面積が他の内蔵色合いを横断する場合、カラー上の領域と色の上でないものとの間の密度差が存在するであろう。 解決策は、以下のように「豊かな黒」の色合いのミックスを構築することです。

シアン= 30%
、 マゼンタ= 30%
イエロー= 10%
ブラック= 100%

この豊かな黒を使用すると、黒い固体中の任意の明白な密度変化を避けることができます。 それはまた、それが他の色に交差されない場合であっても、緻密で均一なベタ黒を製造するための良好な式です。

このようなルール、種類、及び薄いイラスト要素などの他の黒色の要素は黒100%で構成され、オーバープリントに設定されなければなりません。

オフに設定防ぐために白ページが直面している固体暗い色なページにニスを追加することを検討してください。

 

あなたのプロジェクトをリリース

あなたのファイルを提出する前に、あなたのファイルをチェックするためにInDesignでプリフライトのコマンドを使用してください。

含めてください:
レイアウトで使用されているイメージのみます。 あなたがあなたのファイルを収集した後、リンクされたファイルの名前と場所は変更しないことを確認してください。
•すべてのビットマップ画像のサイズは、少なくとも300 DPIである必要があり、すべてのベクトルラインアートファイルは、少なくとも1200個のDPIでなければなりません
TIFFやEPS  CMYK、RGBないでなければなりませんファイル。 TIFFなどのすべての画像、EPSなど、すべてのベクトルラインアート。
•すべて含める  フォントは  フォントが一般的に使用されている場合でも、それに対応するプリンタフォントと一緒に、使用していました。
•すべての未使用の色を排除します。 InDesignのカラーパレットを使用すると、これらの色見本を検索し、削除するのに役立ちますオプション「すべて未使用を選択」を持っています。
•各色が1つの名前のみを持っていることを確認してください。
•ブレンドまたはパス上の点の最小数のステップの最小数を使用するグラフィックスを簡素化。
•Photoshopの文書が使用されていないか、隠れ層を含んでいないことを確認してください。 それ以外の場合は、リッピングエラーが発生する可能性がありますし、非表示のレイヤーは予期しない結果を出力して作成することができます。
•完全に他のオブジェクトによって隠されているペーストボードまたは要素上の未使用の要素を排除します。
•すべてのページは、トリムと持っている必要があり  出血が  (出血はすべての4辺にトリムを超え3ミリメートルまたは1/4”を拡張する必要があります)。
•配置および/またはレーザープリントアウト用の低解像度のPDFファイルをインクルードします。 フォリオ印刷または配置するための低解像度のPDFファイルない場合はレーザーにページ番号を書きます。
•別のアプリケーションまたはPDFファイルのテキストとカバーのために、ケースの他のコンポーネント(endpapers、結合など)を含め
、あなたが供給している場合は、•カラーガイダンスを。

あなたは、wetransfer経由Hightailまたは他のオンラインファイル共有プログラム、またはポータブルドライブを(コンピュータに接続するためのケーブルが含まれていることを確認してください)あなたのファイルを提出することができます。 InDesingや高解像度のトリムマークと準備PDFファイルを印刷して、含ま採血提出してください。

:PDFファイルを設定する方法の詳細については、Adobeのヘルプサイトをご覧ください  https://helpx.adobe.com/indesign/how-to/indesign-create-pdf-for-print.html?set=indesign-getを-started必須-初心者




WhatsApp Online Chat !